パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

しつけ

画像
 

パピヨンは小型犬ですので、もしも暴れてしまってもそんなに大変ではないだろう
という風に想像してしまうものではありますが、どんな大きさの犬でも暴れてしまえば大変です。
何より、人間の言葉が通じません。

コミュニケーション


こちらも彼らの言葉を正確に理解することは不可能です。
ましてや暮らし始めたばかりではなおさらです。

月日が経てばそれなりのコミュニケーションが取れるようになります。

ですが最初は彼らも不安定です。
まずはしつけや接し方の理解を飼主がした上で、方法を工夫しましょう。

パピヨンが興奮して暴れることのないように、子犬のうちから訓練をしていくようにするといいでしょう。

もしもパピヨンが、家の中などで興奮して暴れてしまっている場合はどうすればいいのでしょうか。
その時には、パピヨンを抱きしめてあげるようにしてもいいでしょう。

興奮


しかし、それでもパピヨンが暴れてしまうようでもあきらめてはいけません。
パピヨンがおとなしくなるまで抱きしめ続けることによって、効果が出てくるようになります。

 

もしも暴れるからと言って、そのまま放置しているようであれば、興奮はおさまらないでしょう。
子犬の間に諦めずに向き合っていくことによって、おとなしく飼い主の言う事を聞くようになっていくのです。
ですのでしつけるのであれば、子犬のうちにしっかりとしておくようにしましょう。


ここでむやみに乱暴なしつけ方をしてしまうと、人間不信になりかねません。
飼主にもやはり、しつけに関しては向き不向きがあります。
子犬のうちが一番可愛いからと、全て自分でやりたい気持ちもあるかもしれませんが
ブリーダーに依頼することも方法として頭に入れておきましょう。

 

混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域  

CONTENTS