パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

見学

画像

パピヨンを飼いたいと思った時に、ペットショップに行く方法と
ブリーダーから直接購入する方法があります。
その際、相手が良質か悪質かを判断することが大切です。

パピヨンをブリーダーから購入するためには、まず連絡を入れて
犬舎を見学したいと申し入れてみるのが良い方法です。


本当に良い環境でパピヨンを飼育しているブリーダーであるなら
何も隠すことなく犬舎を公開してくれるはずです。

見に行く


また、お金目的の悪徳な繁殖業者に申し入れると、犬舎が
犬を飼育するのにふさわしくない環境であることが多く、
見られるのを嫌うことがあります。


そのためには、見学を受け入れてくれる犬舎であることが大切です。
そして、血縁の関係についても、正確に把握をしているかどうかも大切になります。


遺伝性の疾患など引き継いでしまわないように、ブリーダーは
パピヨンの血縁の関係を把握する必要性があります。


パピヨンの遺伝性疾患として、膝蓋骨脱臼という病気が代表的なものとして
挙げられるため、血縁に膝蓋骨脱臼を患っていたパピヨンがいないかについて
尋ねてみるのも良い方法の一つです。


犬舎を見学するときにはブリーダーが話していることをメモに
取るような気持ちで、ちゃんと聞く必要があります。


尋ねたいことについては一通りブリーダーが話をしているのを聞き終わってから
尋ねるようにします。

情報


パピヨンを引き取って関係が終了するのではなく、その後も良好な関係を
保つことができるように、配慮することが重要になります。


そして、パピヨンの特徴や性格について前もって軽く学んでおく必要があります。
犬舎をはしごすることは感染症を運んでしまう可能性があるため厳禁です。


このように、見学に行くだけでも気をつけたいことはいくつかあります。
あらかじめ情報を集めておくと、より安心できると言えるでしょう。

混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域  

CONTENTS