パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

叱り方

画像
 

パピヨンや他の子犬も同じですが、犬はいろんな鳴き方をします。
「ワンワン」と吠えるのは一般的な子犬の鳴き方です。


パピヨンのような小型犬の場合は「キャンキャン」と聞こえる事もあります。

鳴き声

このようにパピヨンのような子犬の一般的な鳴き声はいろんな意味があるので
吠え方の強弱や回数、しぐさや表情などをよく観察することで、
何を伝えようとしているのかを理解しやすくなります。

パピヨンも攻撃前や、嫌な事された時には「ウウウッ」と唸る事があります。

これは実際にどちらが偉いのか優劣をつけようとする威嚇行動です。
パピヨンが飼い主にこのような態度を取ってきたら、毅然とした態度で接し、
飼い主が一番のリーダーである事を分からせる必要があります。

その逆に何かしてほしい時があると「クーンクーン」と甘えた声を出すことがあります。
パピヨンのように可愛い丸い目で何かを訴えられると、ついつい甘やかしてしまいがちです。
可愛いからと言ってなんでも言う事を聞いてしまうと、主従関係が崩れてしまうので
注意しなければなりません。


また、しつけをしっかりしておかないと、無駄に吠える習慣がついてしまい
周りの人に迷惑をかけたり、怖がらせたりしてしまうかもしれません。
その時に白い目で見られるのは飼主です。パピヨンに責任はありません。
そうならないためにも、正しくしつけるということを心がけましょう。

吠え方


犬は特に、序列をつける動物です。
しつけがきちんとできないと、この序列によって犬より下に付けられてしまいます。
そうなると再びしつけをすることが難しくなります。
人間との快適な生活のためにも、しつけはきちんと行いましょう。

混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域  

CONTENTS