パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

子犬

パピヨン
 

パピヨンという犬種の特徴としては、丸くつぶらな瞳と共に長く柔らかい
ふわふわな毛に覆われており、どこか優雅なイメージがあるモノです。

皮膚病


生まれたての子犬時代も、パピオンは一般的にふわふわの毛に覆われて
コロコロの体型をしており、子犬らしく実に愛らしい姿をしています。

ですが生まれたてのパピヨンを飼う場合の注意点は、生後四ヶ月か五ヶ月を過ぎた辺りの時期です。
この時期のパピヨンは、大人の長い毛に生え変わる頃合いであり、全身の毛がどんどん抜け始めます。
その抜け方に驚く飼い主は多く、しかも大人の毛が長くなるのにはそれなりに時間が掛かるために
ハゲてしまった様に見え、通常のパピヨンのイメージとはかけ離れた姿になってしまいます。

そのため、パピヨンを初めて飼った飼い主は、皮膚病か何かだと勘違いして獣医に駆け込むといった事も起こり得ます。

ですがパピヨンの子犬は、どの子犬もこのハゲ期等と呼ばれる時期を経験します。

なのでこの時期に大量に毛が抜け始めても、特に心配する必要はないです。
慌てず騒がず、しっかりと大人の毛が生え揃うのを待てば良いだけです。

毛が抜ける

 

人間同様、成長の過程には様々な変化があります。
それに驚いたり、心配したりすることもあるでしょう。
ですが、そうした成長の過程を見ることも楽しみの一つです。
子犬から育てるからこそ経験できるものもあります。


特に小さいうちは、ちょっとした変化で敏感になり、飼主としても
不安に思うことが多いかもしれません。
しかしパピヨンに対する知識を深めて、愛情を持って
接するということが大事ですので、そういった変化にも
十分に注意して育てていきましょう。

混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域  

CONTENTS