パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

性格

パピヨン
 

「パピヨン」は、大きな耳が特徴の犬種です。
その名前は、耳の形が蝶が羽根を開いたような形をしている事から付けられたと言われています。

体高は約28センチ、体重1.5〜5.0キロの小型犬で、性格は穏やかで
人懐っこいのですが、中には神経質な性格の子もいます。

小型犬

 

パピヨンの子犬は、成犬に比べると毛が短いのが分かります。
また、大きな耳が特徴のパピヨンですが、子犬の時は成犬に比べるとそこまで耳は大きくありません。

パピヨンといえば、茶色と色の毛色が一般的ですが、子犬の時は
茶色の部分が濃くなっていて、中には白と黒の毛色に見える子もいます。

そのため、「本当にパピヨン?」と疑問に思う方もいらっしゃいますが、
成長し大きくなるにつれて、毛の色が薄く、茶色くなってパピヨンらしくなるので大丈夫です。

子供の時は、明るくて活発で、よく動き回ります。
ですが、しっかりしつけないとよく吠えたり、わがままな性格になってしまうため
子犬の時にしっかりとしつける事が重要です。

 

パピヨンに関わらず、しつけは最初が肝心です。

しつけ

最初にきちんと最低限のルールをしつけます。
それがきちんとできていないと犬はすぐに序列をつけてしまいます。


そして飼い主の言うことを聞くべきか聞かなくてもいいのかを判断してしまうのです。
可愛いからとつい甘やかしてしまいがちになりますが、それでは
パピヨンのためにもならないということを念頭に置いておいて下さい。
きちんとしつける自信がないと言う方は、ブリーダーに頼るのも方法でしょう。

最初が肝心。
忘れないでください。

混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域  

CONTENTS