パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

多頭飼い

画像
 

 

パピヨンはしつけやすくペットとして飼いやすく、多ければ多いほど
楽しくにぎやかになることもあり、多頭飼いする人も少なくありませんが、
飼い方によってトラブルが起きることがあります。


先住の小型犬としてすでに、パピヨンを飼っている時場合は
先住犬が向かい入れた犬のごはんを横取りしようとしたり、
向かい入れた犬に嫉妬してごはんを食べてくれなくことがあります。


先住犬が向かい入れた犬のえさを横取りしたり、ご飯を食べようと
しない場合は、先住犬を別の部屋に連れていってからごはんを
与えることで、食べさせることが可能です。

吠える


しばらく続けることでパピヨンはしつけがしやすいので、先住犬も
向かい入れた犬に慣れてごはんを横取りしたりしないようにすることも
できますが、パピヨンは神経質な犬もいるので、慣れるまで
時間がかかることがあります。


パピヨンはしつけやすく、飼い方を間違えなければ、しつけたことは
覚えさせることができますが、多頭飼いをしている場合、ごはんを
与えている時に、飼い主が目を離している間に、お互いのごはん皿から
食べていたり、食欲旺盛な犬の場合は、ごはんを横取りしていて
気づかないことがあるので、犬にごはんを与えている時には
目を離さないようにすると、すぐに対処できます。


多頭飼いは飼い方に気をつけることで、先住犬と向かい入れた犬で
トラブルを起こさないようにすることもでき、事前に先住犬と顔合わせしたり、
向かい入れる犬の性格や体格など調べることで、飼い方を学ぶことができ、
ごはんを与える時も、仲良く自分のごはん皿を食べさせることが可能です。


そのため、多頭飼いを考える際にも、一匹育てたから大丈夫と
過信したりせず、パピヨンへの配慮を怠ることのないよう
多頭飼いのために必要な知識を身につけておきましょう。

体格



混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域  

CONTENTS