パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

混合ワクチン

画像
 

パピヨンの飼い方では、混合ワクチンを打つ必要があります。

パピヨンに限らず、犬の飼い方として日本では
狂犬病の予防注射は1年に1回の接種が義務付けられています。
好きな

ワクチンを打っておくことで、死亡率の高い各種病気を
予防することが可能になります。

狂犬病ワクチンは狂犬病予防法として法律で
義務付けられていますが、病気にならないために
打ってあげる任意のワクチンもあります。

パピヨンの飼い方では、最低でも6種混合を打つようにします。
パピヨンの飼い方に限らず、犬を飼っている場合は、
市町村に鑑札の交付申請をすることが義務付けられています。

交付を受けていれば、集団予防接種の案内が来るため、
それに合わせて接種することもできます。

ただし、犬によっては、ほかの犬がいることで興奮してしまったり、
ほかの犬におびえてしまうことなどが想定できるため、
集団接種よりは、懇意にしている動物病院で接種したほうが
少しでも気分を落ち着かせた状態で接種させることが可能です。

混合ワクチンでは、うつりやすくワクチンの効果が高いわりに
副作用の少ない病気が対策出来ます。

主に致死率の高いジステンパーウィルス感染症や
パルボウイルス感染症、風邪様症状がおもの
犬パラインフルエンザウイルス感染症などがあります。
発見

犬のワクチンも人間と同じように副作用があります。
毒性は除いてあっても刺激となり熱が出たり
アレルギー反応が見られることもあります。

そのため、接種後2日から3日程度は、しっかりと観察する必要があります。

 

他の犬が怖がって鳴いている声を聞くと、怯えてしまい
かわいそうに思えるかもしれませんが、可愛いパピヨンのためだと思って
なでたり抱いたりするなど落ち着かせて、終わった後も

しっかりケアしてあげてください。


混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域  

CONTENTS