パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

食べてはいけないもの

画像

勉強する

パピヨンをこれから飼うと言う人の多くは
飼い方について色々と勉強するのですが、その中でも
特に注意しておきたいのが食べ物に関するものです。

パピヨンだけではないのですが犬には食べてはいけないもの
と言うものが存在しており、これを知らずに与えてしまうことによって
パピヨンが病気になってしまうという可能性もあるので、
飼い方を勉強する中でもまず知っておくべき情報であると言われています。

では、パピヨンの飼い方として食べてはいけないものというのは
何が あるのかというと、基本的には人間が食べるものを
そのまま与えないようにするということが大切になります。

例えば肉や味噌汁をかけた残飯などを与えると言う人も
意外に少なくないのですが、肉にタレやドレッシングが
かかっていたり、ハンバーグのようにたまねぎなどが
混入しているもの・そして残飯にもたまねぎや
にんにくなどが使われている場合は、最悪
死んでしまうと言う事もあるのです。

これはどういうことなのかというと、犬にとってたまねぎやにんにくは
非常に毒性が高い食べ物となっていて、これらが含まれていることが
多い食べ物や調味料を与えるということはパピヨンだけではなく
犬全般の飼い方として最も危険でやってはいけないものだとされています。
内容

ほかにもチョコレートや唐辛子、ブドウレーズンなども
犬にとっては毒性が高いので、食べさせないようにすることが重要です。

そして意外な落とし穴として牛乳があるのですが、人間の飲む
牛乳に含まれている乳糖は犬には分解することができないので
お腹を壊してしまう要因となります。

なので牛乳は犬専用のものを与えるようにすることが大切です。

 

食べ物にしても、自分が食べている物をパピヨンがほしがっているように
見えたとしても、一度与えてしまうことで味を占めて「もらえるものだ」と
勘違いしてしまいますので、しつけの一部と捉えて与えないように気をつけましょう。

混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域  

CONTENTS